【50歳で30キロダイエット】ダイエットでのプラス思考の罠

目次

ダイエットでのプラス思考の罠

ダイエットでイベント感覚でやるものでないし
続けるならばプラス思考で行う必要があるの?

自分は後ろ向きな性格もあるけど
ダイエットはプレス思考でなくても
マイナス思考でも成功するんですよ!

50歳から半年で30キロ痩せた
その行動や心構えを記事にすることで
少しでもダイエットへ貢献出来ようと思っております。

ダイエットは、苦しいものではない

ダイエットは、イベントではないから
無理な食事制限や運動では痩せるのはマイナス

実際、ブログ記事などの上位は決まって

「1日3食おやつつきで楽々痩せる」
「食事制限・運動なしの〇〇ダイエット」
「これを食べるだけで3か月で10キロ痩せる」
などなど

なので、自分のブログは見事に人気ないし
賛同を得られることもほぼないですが

自ら、110キロというデブの境地から
半年で30キロ痩せる際は
プラス思考ではなくマイナス思考でした

でも、人受けいいのは
間違いなくプラス思考なので
サプリやダイエット商品もそのように売るのでしょう

ですが、自分は成功するための
方法を一つでも伝わればと思うので
敢て忖度1ミリもなしの記事を続けます。

こんなあなたにおススメな記事
  • ダイエットをとにかく成功させたいあなたへ!
  • プラス思考のダイエットに疑問を抱いているあなたへ!
  • どのような思いでダイエットをすればいいか気になるあなたへ!
本日の記事の内容
  • ダイエットでのプラス思考の罠
  • プラス思考はダイエットには逆効果?
  • 本日の辛口エール

プラス思考はダイエットには逆効果?

ソース画像を表示

ポジティブシンキングという言葉がもてはやされ
実際、何事も前向きに思う事が善で
慎重に考え巡らせてみたいのは消極的で悪

自分はどちらかと言えば
プレス思考よりもマイナス思考型

でも、こうなったら最悪だと思い
それで行動起こして結果を出せば
プラス思考を推奨しなくてもいいのでは?

そこで、珍しい記事として
逆にプラス思考ではダイエット失敗する
そんなパターンでご紹介したいと思います。

①楽天家

「ダイエット失敗してもくよくよしない」

「目標達成出来ないからと死ぬわけではない」

確かに、言う通りです(笑)
でも、一事が万事この調子で
ダイエット成功するでしょうか?

もちろんこちらの例えは度が過ぎた場合ですが
結果的に目標達成の言い訳になってしまいます。

②成長しない

自分の長所や短所を含めて知ることは大切
なぜなら短所を含めた自分を変わる必要がないと
思ってしまったら成長ありませんよね?

デブで太っているのを短所・欠点と思うことで
ダイエットすることで成長するし
自信も得ることが出来ます。

③問題や課題を見つけられない

プラス思考やポジティブシンキングで言うなら
どうして太ったかとかダイエットが必要なのか

自ら課題や問題として取り組めば
ベストなダイエット法にもたどり着けるし
成功への道も開けますが

プラス思考が全面に出てしまうと
問題や課題が薄ぼけてしまい
結果的に、ダイエットをすることを放棄。

こと、ダイエットに関しては
マイナス思考が意外と力を発揮するのです。

④諦めが早い

自分が太っていることを
諦めや仕方がないと折り合いつけることで

ダイエットへの諦めに繋がります
これは、ダイエットでは大敵です。

太った原因などは全て自分にあります。
自分にはどうしょうもない、関係ないでは
そんな考えがプラス思考で生まれると危険です。

⑤プラス思考が辛くなる

世の中、プラス思考・ポジティブシンキングが
奨励されているので自分も常に
前向きに思うようにする習慣つけようとしましたが

辛い時や嫌な時は
愚痴や後ろ向き発言してもいいのではないかと

ダイエットでも実体験では
「もう3キロ痩せた凄い!」
みたいなプラス思考で行なうと

決まって長続きしませんでした

逆に、1か月で3キロか。。。。
もうひと頑張りしてでも5キロを目指す

そんな、考えの方が効果が出せます。

つまり

「いいプラス思考と悪いプラス思考」がある

何事も0か100ではないのです
自らの状況や環境に合わせて

プラス思考やポジティブシンキングが
プラスに働くときもあればマイナスにも

見極め使い方が大事になってくるのです。

本日の辛口エール

プラス思考やポジティブシンキングで
ダイエットを行えば成功するわけではない!
自分に合った考え方で行うべき!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる