再び世界一へ!WBC2023の侍ジャパン出場メンバ一決定!

  • URLをコピーしました!
本日のお題

再び世界一へ!WBC2023の侍ジャパン出場メンバ一決定!

侍ジャパンの栗山英樹監督(61)は26日、都内で行われた「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」の記者会見に出席し、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパン登録予定選手を正式に発表した。

WBC東京プールでの登録予定選手を発表した侍ジャパンの栗山英樹監督。

 6日にはエンゼルス・大谷翔平投手(28)、パドレス・ダルビッシュ有投手(36)、ロッテ・佐々木朗希投手(21)、ヤクルト・村上宗隆内野手(22)ら12人を先行発表。その後も熟考を重ね、巨人・大勢投手(23)、岡本和真内野手(26)、西武・山川穂高内野手(31)、ヤクルト・山田哲人内野手(30)、日本出身の母を持つカージナルスのL・ヌートバー外野手(25)ら18人を追加で発表し、全30選手が出そろった。メジャーリーガーは大谷、ダルビッシュ、鈴木誠也外野手(28)、吉田正尚外野手(29)、ヌートバーの5人。国内からは全12球団から選出された。

 侍ジャパンは今後、2月17日から宮崎県内で強化合宿をスタート。25、26日にはソフトバンク戦(宮崎)、3月3、4日には中日戦(バンテリンドーム)、同6、7日には阪神、オリックス戦(京セラドーム)と6試合の強化試合を行い、9日に初戦となる1次ラウンドの中国戦を迎える。中国、韓国、チェコ、オーストラリアと5か国で行われる1次ラウンドで2位以内に入ると、16日の準々決勝に進出。準決勝以降は米フロリダ州のマイアミで行われる。

個人的には、大谷選手が二刀流で出場するのが注目。シーズン開幕前での試合なので、二刀流をメジャー球団が許すかどうか、投手登録を1人多めにしたのも打者専念を想定しているのかもしれませんね。

WBC2023侍ジャパンメンバー・監督・コーチ

2023WBC日本代表 投手

背番号氏名所属チーム
11ダルビッシュ 有サンディエゴ・パドレス
12戸郷 翔征読売ジャイアンツ
13松井 裕樹東北楽天ゴールデンイーグルス
14佐々木 朗希千葉ロッテマリーンズ
15大勢読売ジャイアンツ
16大谷 翔平ロサンゼルス・エンゼルス
17伊藤 大海北海道日本ハムファイターズ
18山本 由伸オリックス・バファローズ
20栗林 良吏広島東洋カープ
21今永 昇太横浜DeNAベイスターズ
22湯浅 京己阪神タイガース
26宇田川 優希オリックス・バファローズ
28髙橋 宏斗中日ドラゴンズ
29宮城 大弥オリックス・バファローズ
47高橋 奎二東京ヤクルトスワローズ
MLB.NBAグッズショップ SELECTION
¥12,870 (2023/01/27 14:47時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

2023WBC日本代表 捕手

背番号氏名所属チーム
10甲斐 拓也福岡ソフトバンクホークス
24大城 卓三読売ジャイアンツ
27中村 悠平東京ヤクルトスワローズ
マスク・デジタル製品 サンテック
¥3,500 (2023/01/27 14:48時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

2023WBC日本代表 内野手

背番号氏名所属チーム
山田 哲人東京ヤクルトスワローズ
源田 壮亮埼玉西武ライオンズ


7  

25

33

55
牧 秀悟

中野 拓夢

岡本 和真

山川 穂高

村上 宗隆
横浜DeNAベイスターズ

阪神タイガース

読売ジャイアンツ

埼玉西武ライオンズ

東京ヤクルトスワローズ

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

2023WBC日本代表 内野手

背番号氏名所属チーム
8近藤 健介福岡ソフトバンクホークス
9周東 佑京福岡ソフトバンクホークス
23ラーズ・ヌートバーセントルイス・カージナルス
34吉田 正尚ボストン・レッドソックス
51鈴木 誠也シカゴ・カブス
MLB.NBAグッズショップ SELECTION
¥12,870 (2023/01/27 14:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

WBC2023 侍ジャパン監督・コーチ

背番号肩書氏名
89監督栗山 英樹
90ヘッドコーチ白井 一幸
77打撃コーチ吉村 禎章
87外野守備走塁コーチ清水 雅治
81投手コーチ吉井 理人
75ブルペン担当コーチ厚澤 和幸
79内野守備・走塁
兼 作戦コーチ
城石 憲之
74バッテリーコーチ村田 善則

放送予定の記事はこちらから!

【番外編】昭和の時代遅れのおっさんのコメント

WBC本番へ向けていよいよ始動開始でありますが、今の時代はWBCやオリンピックなどの国際大会で【侍JAPAN】としての活動も増えたのと、交流戦なども開始された影響なのか、自主トレなども他球団の選手と行う機会が増えたというか当たり前となりました。

お互い、切磋琢磨した野球の技術を向上させることや、一流選手と肌を交えることは大きな財産となるのは勿論正論ではありますが、自分のような【昭和の遺物】【昭和の老害】にはやっぱりチームスポーツで格闘技のようなコンタクトスポーツではありませんがグラウンド立てば敵同士そんな古い考えあるので、昔から基本1塁ベースでしゃべくる光景もあまり好きではありませんでした。

故星野監督などは、グラウンド出たら相手チームと口きくなと厳しく言っておりましたが、自分のような古ーーいタイプはこんなイメージでまだまだ野球を見てしまうのでしょう。

選手のプラスにはなるので他球団との交流や自主トレの流れは止まることないですが、個人的にはあまり報道陣集めてはどうなのかと思ったりしましたが、あくまで自分の古い考えですので、「おっさんが古い言い分言いやがって」と聞き流してください(笑)

最後に、今回のメンバーはかなりバランス取れれて若手中心のメンバーでどのような活躍するか今から楽しみであります。そして、牧選手はセカンドで起用されるのか?やっぱり実績重視で山田哲人選手かベイスターズファンとしては何気にここのところが気になります。

本日は、最後まで読んでいただきありがとうございます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

コレ、今読まなくちゃ!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


本日のお題